<円債市場>

長期国債先物2021年12月限

寄付151円67銭 高値151円73銭 安値151円44銭 引け151円53銭

売買高総計35667枚



2年 430回 -0.120%

5年 149回 -0.080%

10年 364回  0.075%

20年 178回  0.465%



債券先物12月限は、151円67銭で取引を開始。前日NY市場での米長期金利低下を受けて買いが先行し、財務省の20年債入札の結果も良好だったことから買いが強まり、151円73銭まで上げた。しかし、「政府経済対策の規模が財政支出ベースで55.7兆円程度に膨らむ」との報道を受けて売りに転じ、151円44銭まで急落した。現物債の取引では、2年債、5年債、10年債が売られ、20年債が買われた。



<米国債概況>

2年債は0.49%、10年債は1.58%、30年債は1.97%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.26%、英国債は0.93%、オーストラリア10年債は1.78%、NZ10年債は2.60%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・22:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁オンライン討論会参加(地域見通し)

・22:00台 南ア中銀が政策金利発表(0.25ポイント引き上げ予想)

・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:26.0万件、前回:26.7万件)

・22:30 米・11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:24.0、10月:23.8)

・23:30 ウィリアムズNY連銀総裁講演(パンデミックに対する大西洋経済政策)

・24:00 米・10月景気先行指数(前月比予想:+0.8%、9月:+0.2%)

・04:00 エバンス米シカゴ連銀総裁質疑応答

・05:30 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁FRBイベント参加