19日午前の東京市場でドル・円は、114円30銭近辺で推移。中国本土株式は小幅高で推移しており、株安を警戒したドル売り・円買いは増えていないようだ。クロス円取引に絡んだドル買い・円売りは一巡したようだ。中国本土株式が小幅高で推移した場合、ドル・円は114円台を維持する可能性が高いとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円23銭から114円36銭、ユーロ・ドルは、1.1355ドルから1.1373ドル、ユーロ・円は129円80銭から129円99銭で推移。