22日のドル・円は、東京市場では113円94銭から114円27銭まで上昇。欧米市場では、114円07銭から114円96銭まで続伸し、114円86銭で取引終了。本日23日のドル・円は主に114円台後半で推移か。米長期金利の上昇を意識して、リスク回避的なドル売り・円買いは抑制される可能性がある。



パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投を受けて22日のニューヨーク市場では、主要通貨に対するドル買いが活発となった。FRB副議長に指名されたブレイナード理事が、インフレ抑制の必要性について言及したことも意識されたようだ。市場参加者の間からは「ハト派寄りのブレイナード氏が副議長に指名されたことで早期利上げの思惑は後退した」、「ハト派寄りのメンバーが追加される可能性があり、2022年の利上げは2回以下にとどまる可能性がある」との声が聞かれている。CMEの「FedWatch」によると、来年6月時点で利上げが実施される確率はやや上昇したが、年内に3回以上の利上げが実施される確率は50%程度にとどまる。米国の政策金利見通しは大きく変わっていないことから、長期金利は1.7%近辺で上げ渋り、主要通貨に対するドル買いは長続きしない可能性がありそうだ。