23日午前の東京市場でドル・円は一段高となり、一時115円14銭まで値を切り上げた。米10年債利回りの上昇基調を背景に、ドル買い継続。一方、東京株式市場は休場だが、上海総合指数や時間外取引の米ダウ先物がプラスを維持しやや円売りに振れている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円74銭から115円14銭、ユーロ・円は128円98銭から129円38銭、ユーロ・ドルは1.1225ドルから1.1244ドル。