23日の東京外為市場でドル・円は堅調。東京市場の休場で薄商いのなか、米10年債利回りの上昇を背景にドル買い継続。また、午後は円売りに振れドルは4年半超ぶりの高値となる115円14銭まで一時上昇した。ただ、夕方にかけて円買いが優勢となり、114円48銭まで急落した。



・ユーロ・円は129円38銭から128円90銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1225ドルから1.1263ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円114円70-80銭、ユーロ・円128円90-00銭

・日経平均株価:休場



【経済指標】

・特になし



【要人発言】

・イエレン米財務長官

「インフレがエンデミックにならないよう、FRBは長期的に重要な役割を果たすべき」

・シュナーベル欧州中銀(ECB)専務理事

「インフレのリスクは上方向に傾いている」

・ドイツ保健相

「ロックダウンを含む措置を除外できない」