23日のロンドン外為市場のドル・円は、114円85銭まで戻した後、114円53銭まで反落。米中関係悪化を警戒してリスク回避的なドル売りが観測された。ただ、クロス円取引に絡んだ円売りが観測されており、114円80銭まで戻している。





ユーロ・ドルは1.1239ドルから1.1275ドルまで反発、ユーロ・円は128円97銭から129円32銭まで上昇した。11月マークイットユーロ圏製造業PMIとサービス業PMIは市場予想を上回り、ユーロの買い戻しが観測された。





ポンド・ドルは1.3398ドルから1.3375ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9305フランから0.9326フランまで買われている。