24日午前の東京市場でドル・円は、115円10銭台で推移。2022年における米国の複数回利上げを期待したドル買いが観測されており、ドル・円は一時115円22銭まで買われている。ただ、日経平均は200円安となっており、株安を意識してドル買い・円売りがさらに拡大する可能性は低いとの見方が増えている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円07銭から115円24銭、ユーロ・ドルは、1.1239ドルから1.1253ドル、ユーロ・円は129円41銭から129円55銭で推移。