(14時00分現在)



S&P500先物      4,678.25(-10.25)

ナスダック100先物  16,278.25(-33.75)





グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安。NYダウ先物は80ドル安、アジア株は全般的に軟調で、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。





23日の主要3指数はまちまち。ナスダックは続落したが、続伸のダウは194ドル高の35813ドルで取引を終えた。来年2月に任期切れのパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が続投の方向となり、金融政策に不透明感が払しょくされた。それを受けた長期金利の上昇で金融セクターが注目され、相場をけん引。半面、ハイテク株は売り優勢となり、ナスダックを下押しした。一方、原油価格は急落後にやや戻し、エネルギー関連が買われた。





本日は上げ渋りか。今晩発表の経済指標は国内総生産(改定値)や新規失業保険申請件数、コアPCE価格指数はいずれも前回よりも強い内容が予想されている。想定通りなら、国内経済の回復を好感した買いが先行しそうだ。同時に、早期利上げを裏付ける要因にもなる。連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨もタカ派的とみられ、明日の感謝祭による休場を前に売りが強まる可能性もあろう。金利高に振れれば、ハイテク株は売りが継続するとみる。