25日午前の東京市場でドル・円は、115円30銭台で推移。日経平均の上げ幅は縮小したが、リスク回避的なドル売りは増えていない。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。この後は中国本土株式の動向を意識した相場展開となりそうだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円31銭から115円46銭、ユーロ・ドルは、1.1198ドルから1.1212ドル、ユーロ・円は129円25銭から129円39銭で推移。