29日午前の東京市場でドル・円は、113円70銭近辺で推移。日経平均は280円安で推移しており、株安は続いていることから、リスク選好的なドル買いは抑制されているようだ。仲値時点のドル需要は通常並みとの見方が多い。この後は、中国本土株式の動向が注目されそうだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円34銭から113円88銭、ユーロ・ドルは、1.1281ドルから1.1317ドル、ユーロ・円は128円13銭から128円56銭で推移。