ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。新型コロナウイルスの新たな変異株の感染拡大に対する警戒感は消えていないため、欧州中央銀行は金融緩和策を長期間維持するとの見方が浮上している。ただし、米国金利の先高観は後退しており、目先的にユーロ・円は主に128円台で推移し、もみ合う状態が続くとみられる。





【ユーロ売り要因】

・ラガルドECB総裁は早期利上げを否定

・独仏で新型コロナウイルスの感染増加

・ドイツの企業景況感は悪化



【ユーロ買い要因】

・米国金利の先高観後退

・エネルギー価格の安定

・ユーロ圏経済の持続的な成長期待