30日午前の東京市場でドル・円は上昇一服となり、113円80銭台での推移が続く。日経平均株価は前日比300円超高の堅調地合いを維持しており、円売りに振れやすい。ただ、新型コロナウイルス変異株の感染状況を見極める展開で、一段の円売りは抑制される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円54銭から113円89銭、ユーロ・円は128円18銭から128円60銭、ユーロ・ドルは1.1287ドルから1.1300ドル。