1日の東京外為市場でドル・円は小じっかり。米10年債利回りの上昇と日経平均株価の堅調地合いを受け、午前中に113円09銭から113円半ばに上昇。その後は新型コロナウイルス・オミクロン株に対する警戒感から伸び悩んだが、午後に113円63銭まで値を上げた。



・ユーロ・円は128円20銭から128円79銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.1343ドルから1.1317ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円113円40-50銭、ユーロ・円128円50-60銭

・日経平均株価:始値27,866.73円、高値28,106.30円、安値27,594.01円、終値27,935.62円(前日比113.86円高)



【要人発言】

・安達日銀審議委員

「必要があれば、企業の事業継続支援の観点でちゅうちょなく追加金融緩和」



【経済指標】

・日・7-9月期法人企業統計調査・全産業設備投資:前年比+1.2%(予想:+1.5%、4-6月期:+5.3%)

・豪・7-9月期GDP:前年比+3.9%(予想:+3.0%、4-6月期:+9.5%←+9.6%)

・中・11月財新製造業PMI:49.9(予想:50.6、10月:50.6)

・独・10月小売売上高:前月比-0.3%(予想:+0.9%、9月:-1.9%←-2.5%)

・スイス・11月消費者物価指数:前年比+1.5%(予想:+1.4%、10月:+1.2%)