2日のニューヨーク外為市場でドル・円は112円72銭から113円24銭まで上昇し、引けた。

週次新規失業保険申請件数が前回から増加も予想を下回り、さらに、ボスティック米アトランタ連銀総裁が経済にはかなりの勢いがあり、2022年3月末までに資産購入縮小を終了し、インフレが鈍化しなかった場合の利上げ前倒しに備える必要性を指摘、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁も利上げに向けて計画策定開始を考える必要があると指摘するなどタカ派発言を受けてドル買いが強まった。


  


ユーロ・ドルは1.1347ドルから1.1295ドルまで下落し、引けた。ドイツがワクチン未接種の国民に対する規制を強化したほか、欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事がインフレが一過性によるものとのハト派姿勢を維持したためユーロ売りが強まった。


  


ユーロ・円は128円12銭から127円75銭まで下落。


 

ポンド・ドルは1.3333ドルから1.3290ドルまで下落した。




ドル・スイスは0.9178フランから0.9213フランまで上昇した。









 
【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.2万件(予想:24.0万件、前回:19.4万件←19.9万件)
・米・失業保険継続受給者数:195.6万人(予想:200.3万人、前回:206.3万人←204.9万人)