22日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、足元は114円10銭台に値を戻した。日経平均株価は小安く前場に続きマイナスへ転じ、円売りは縮小。ただ、米10年債利回りは下げづらく、ややドル買いの流れ。ユーロ・ドルなどは下落基調に振れている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円95銭から114円18銭、ユーロ・円は128円58銭から128円86銭、ユーロ・ドルは1.1270ドルから1.1294ドル。