22日午後の東京市場でドル・円は114円10銭付近と、動意は薄い。日経平均株価は前日終値付近で不安定な値動きとなり、円相場は方向感の乏しい展開に。一方、NY原油先物(WTI)はプラスを維持するものの、資源国通貨への買いは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円95銭から114円18銭、ユーロ・円は128円58銭から128円86銭、ユーロ・ドルは1.1268ドルから1.1294ドル。