24日午前の東京市場でドル・円は反落。仲値にかけて国内勢によるドル買いが強まり、一時114円51銭まで値を上げた。ただ、その後買いが一巡すると下げに転じ、114円30銭台に弱含んだ。一方、日経平均株価はプラスを維持し、日本株高を好感した円売りが続く。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円34銭から114円51銭、ユーロ・円は129円44銭から129円70銭、ユーロ・ドルは1.1322ドルから1.1330ドル。



【経済指標】

・日・11月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.5%(予想:+0.4%、10月:+0.1%)