30日の東京外為市場でドル・円はじり高。早朝の取引で114円94銭を付けた後、短期的なリスク要因の後退で円売りに振れ、115円台に浮上。その後は日本株安を受けた円買いも観測されたが、前日の欧州通貨買いを修正する動きで午後に115円20銭まで値を上げた。



・ユーロ・円は130円59銭から130円30銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1360ドルから1.1315ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円115円10-20銭、ユーロ・円130円20-30銭

・日経平均株価:始値28,794.24円、高値28,904.42円、安値28,579.49円、終値28,791.71円(前日115.17円安)



【要人発言】

・ビスコ伊中銀総裁

「インフレ目標2%を見直す必要はない」

「ECBは2023年までテーパリングを終了しない」



【経済指標】

・特になし