米労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は前週比8千件減の19.8万件と、予想外に12月上旬来の20万件割れとなった。失業保険継続受給者数は171.6万人と、前回185.6万人から増加予想に反し減少しパンデミックにより経済が封鎖された2020年3月来で最小。



良好な結果を受け米国債相場は伸び悩み。10年債利回りは1.52%から1.54%へ上昇。

ドル買いも強まり、ドル・円は115円00銭から115円14銭までじり高推移した。ユーロ・ドルは1.1345ドルから1.1324ドルへ弱含んだ。



【経済指標】

・米・先週分新規失業保険申請件数:19.8万件(予想:20.6万件、前回:20.6万件←20.5万件)

・米・失業保険継続受給者数:171.6万人(予想:186.8万人、前回:185.6万人←185.9万人)