■NY株式:NYダウ246ドル高、経済の強い回復を楽観視



ダウ平均は246.76ドル高の36585.06ドル、ナスダックは187.83ポイント高の15832.80で取引を終了した。新型コロナ、オミクロン変異株急拡大にもかかわらず、「流行が短期で収束する」との専門家の見解を受け、経済の強い回復継続期待に寄り付き後、上昇。食品医薬品局(FDA)は製薬会社ファイザー(PFE)の新型コロナウイルスワクチンをめぐり、12-15歳にも追加接種を認める緊急使用許可を出したと発表。オミクロン株流行への対策強化も好感され、終日堅調に推移した。ハイテク株の上昇も後押しし、引けにかけてダウは上げ幅を拡大。セクター別では自動車・自動車部品、エネルギーが上昇した一方、商業・専門サービスが下落した。



電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は昨年10−12月の世界出荷台数が過去最高を記録したことが好感され、上昇。航空会社のデルタ(DAL)、ユナイテッド(UAL)、アメリカン(AAL)やカジノを経営するウィン・リゾーツ(WYNN)、クルーズ船運営のカーニバル(CCL)、小売りのギャップ(GPS)は経済活動の再開に伴う業績回復期待に軒並み上昇した。半導体メーカーのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)や銀行のウェルスファーゴ(WFC)は、アナリストの投資判断引き上げを受け上昇。暗号資産取引プラットフォームを提供するロビンフッド(HOOD)は著名投資家のキャシーウッド氏による大量の同社株購入が明らかになり買われた。一方、在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)はアナリストの投資判断引き下げを嫌気し、下落。



携帯端末のアップル(AAPL)は成長期待から上昇し、株式時価総額が国内企業で初めて3兆ドル大台を超えた。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:米長期金利上昇や株高を意識してドル買い強まる



3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円95銭まで下落後、115円36銭まで上昇し、115円34銭で引けた。新型コロナ、オミクロン変異株の感染流行は短期間で収束し、大規模な経済封鎖は回避される見込みであることから、景気回復が続き、米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利上げを織り込む長期金利の上昇に伴い、ドル買いが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.1364ドルから1.1280ドルまで下落し、1.1299ドルで引けた。ユーロ・円は130円74銭から130円02銭まで下落。ポンド・ドルは1.3506ドルから1.3431ドルまで下落。ドル・スイスは0.9129フランから0.9200フランまで上昇した。





■NY原油:反発で76.08ドル、株高を意識した買いが入る



NY原油先物2月限は、反発(NYMEX原油2月限終値:76.08 ↑0.87)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比+0.87ドルの76.08ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは74.27ドル-76.46ドル。ニューヨーク市場の序盤にかけて74.27ドルまで売られたが、欧米株高を意識した買いが入ったことで一時76.46ドルまで買われた。新型コロナウイルス変異株(オミクロン株)の感染拡大が経済に与える影響を見極める必要があるものの、通常取引終了後の時間外取引でも76ドル近辺で推移し、底堅い動きを保った。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  46.18ドル   +1.69ドル(+3.80%)

モルガン・スタンレー(MS) 100.19ドル  +2.03ドル(+2.07%)

ゴールドマン・サックス(GS)395.33ドル  +12.78ドル(+3.34%)

インテル(INTC)        53.21ドル   +1.71ドル(+3.32%)

アップル(AAPL)        182.01ドル  +4.44ドル(+2.50%)

アルファベット(GOOG)    2901.49ドル +7.90ドル(+0.27%)

フェイスブック(FB)     338.54ドル  +2.19ドル(+0.65%)

キャタピラー(CAT)      207.00ドル  +0.26ドル(+0.13%)

アルコア(AA)         60.36ドル   +0.78ドル(+1.31%)

ウォルマート(WMT)      144.65ドル  -0.04ドル(-0.03%)