4日の東京外為市場でドル・円はしっかり。早朝の取引で115円29銭を付けた後、日経平均株価の強含みで円売りがドルを押し上げた。ドルは昨年高値を上抜けると弾みがつき、上昇基調を維持しながら、2017年1月以来5年ぶり高値の115円81銭まで値を上げた。



・ユーロ・円は130円24銭から130円89銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.1309ドルから1.1292ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円115円10-20銭、ユーロ・円130円20-30銭

・日経平均株価:始値29,098.41円、高値29,323.79円、安値28,954.56円、終値29,301.79円(前日比510.08円高)



【経済指標】

・中・12月財新製造業PMI:50.9(予想:50.0、11月:49.9)

・独・11月小売売上高:前月比+0.6%(予想:-0.5%、10月:+0.1%)

・スイス・12月消費者物価指数:前年比+1.5%(予想:+1.6%、11月:+1.5%)



【要人発言】

・岸田首相

「感染再拡大で病床のひっ迫が見込まれるなら、行動制限の強化も機動的に検討」