マークイットが発表した12月サービス業PMI改定値は57.6と、予想外に速報値57.5から上方修正された。11月からは低下し、9月来で最低。12月総合PMI改定値も57.0と、速報値56.9から上方修正され9月来で最高となった。



ドルは軟調推移。ドル・円は115円75-80銭で戻りが鈍い。ユーロ・ドルは1.1310ドルから1.1344ドルまで上昇した。



【経済指標】

・米・12月サービス業PMI改定値:57.6(予想:57.5、速報値:57.5)

・米・12月総合PMI改定値:57.0(速報値:56.9)