6日午前の東京市場でドル・円は116円10銭台で推移。米長期金利の上昇を意識したドル買いが観測されており、ドル・円は116円台を維持している。日経平均は380円安と下げ幅は拡大しているものの、株安を警戒したリスク回避的な円買いは特に増えていないようだ。仲値時点のドル需要はほぼ通常並みだったようだ。ドル・円は、116円01銭から116円18銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1308ドルから1.1315ドルで推移。ユーロ・円は131円21銭から131円43銭で推移。