(14時00分現在)



S&P500先物      4,678.60(-22.0)

ナスダック100先物  15,653.40(-118.4)





グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調。NYダウ先物は110ドル安。NY原油先物(WTI)は弱含み、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。





5日の主要3指数は大幅安。ナスダックは前日から3%超の大きな下げを記録し、3日ぶり反落のダウは392ドル安の36407ドルで取引を終えた。この日発表されたADP雇用統計は民間部門雇用者数が予想の2倍となり、成長を好感した買いが先行。ただ、その後公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、今後の回復によるインフレ上昇で早期の政策金利引き上げの可能性が言及され、金融正常化の観測で売りが強まった。





本日は下げ渋りか。国内での新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒され、売り先行の見通し。原油価格の急落を受け、エネルギー関連も下落基調が続きそうだ。また、今晩発表の新規失業保険申請件数やISM非製造業景況指数(雇用)が強い内容となれば、雇用情勢の改善に思惑が広がり、FRBの一段の引き締めを正当化する材料となろう。ただ、前日の大幅安による調整で、金利高が抑制されればハイテク関連を中心に買戻しが見込まれる。