10日午後の東京市場でドル・円は底堅く、115円80銭台に値を上げた。米10年債利回りの上げ渋りで、ドル買いは入りづらい。ただ、ユーロ・ドルは前週末に米雇用統計発表後に1.1360ドル台に浮上したが、週明けアジア市場は巻き戻され、ドル・円をサポートする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円55銭から115円74銭、ユーロ・円は131円20銭から131円37銭、ユーロ・ドルは1.1332ドルから1.1361ドル。