11日午前の東京市場でドル・円は115円30銭台で推移。一時115円34銭まで戻している。日経平均は225円安で推移しており、下げ幅は拡大しているが、米国による急速な金融引き締めを警戒したリスク回避的な円買いは一巡しつつある。新たな円買い材料が提供されない場合、リスク回避的な円買いがさらに拡大する可能性は低いとみられる。ここまでのドル・円は115円18銭から115円34銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1323ドルから1.1342ドルで推移。ユーロ・円は130円42銭から130円80銭で推移。