11日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、115円30銭付近での推移が続く。日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は軟調地合いで、株安を嫌気した円買いに振れやすい。一方、米10年債利回りは下げ渋り、ドル売りは仕掛けづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円18銭から115円39銭、ユーロ・円は130円42銭から130円86銭、ユーロ・ドルは1.1323ドルから1.1342ドル。