12日午後の東京市場でドル・円は上げ渋り、115円30銭付近で推移する。日経平均株価などアジアの主要指数や米株式先物は堅調地合いで、目先の株高継続を期待した円売りが主要通貨を押し上げている。一方、米金利の低下で、ドルは買いづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円24銭から115円40銭、ユーロ・円は130円99銭から131円25銭、ユーロ・ドルは1.1364ドルから1.1374ドル。