欧州市場でドル・円は失速し、115円30銭台に値を下げた。米インフレ高進による連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化に思惑が広がるなか、米10年債利回りの上昇でややドル買いに。半面、米株式先物はマイナスに転じ、株安への警戒で円買いがドルを下押しした。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円35銭から115円44銭、ユーロ・円は131円05銭から131円20銭、ユーロ・ドルは1.1354ドルから1.1368ドル。