NY外為市場でドル・円は続落し、114円72銭まで下落し12月末以来の安値を更新した。転換線水準の114円75銭を試す展開で、この水準を完全に割り込むと、一段安となる可能性がある。ユーロ・円は131円48銭の高値から131円06銭まで反落。ただ、一目均衡表の雲を上回った推移となっており上昇基調は継続か。



200ドル近く上昇したダウは一時下落に転じた。10年債利回りは1.71%まで低下後、1.737%まで上昇した。