13日午前の東京市場でドル・円は114円50銭台で推移。米国のインフレ率鈍化の思惑は消えていないことから、ドル・円は一時114円50銭まで下げた。日経平均は260円安で推移しており、下げ幅は拡大していることから、選好的なドル買いがただちに拡大する可能性は低いとみられている。ここまでのドル・円は114円50銭から114円71銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1439ドルから1.1448ドルで推移。ユーロ・円は131円03銭から131円25銭で推移。