13日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、114円60銭付近に値を戻している。日経平均株価は大引けにかけて下げ幅をやや拡大し、日本株安を嫌気した円買いに振れやすい。一方、米10年債利回りの低下は続くものの、前日海外市場での下げを修正する動き。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円50銭から114円71銭、ユーロ・円は131円03銭から131円25銭、ユーロ・ドルは1.1439ドルから1.1448ドル。