14日午前の東京市場でドル・円は113円80銭台で推移。一時113円80銭まで下げており、日経平均の28000円割れを嫌気した円買いが優勢となっている。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。ここまでのドル・円は113円80銭から114円23銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1451ドルから1.1468ドルで推移。ユーロ・円は130円46銭から130円86銭で推移。