14日午後の東京市場でドル・円は113円70銭台と、動意の薄い値動きが続く。米10年債利回りの戻りは鈍く、ドル買いは仕掛けづらい。一方、日経平均株価の下げ渋りや米株式先物の堅調地合いで円買いは縮小し、主要通貨は対円で下値の堅さが目立つ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円64銭から114円23銭、ユーロ・円は130円40銭から130円86銭、ユーロ・ドルは1.1451ドルから1.1475ドル。