14日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、113円80銭付近に値を戻している。前日のドル売りを修正する動きとみられ、ドルは主要通貨に対し小幅に値を上げた。一方、時間外取引の米株式先物はプラスを維持し、今晩の株高を期待した円売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円64銭から114円23銭、ユーロ・円は130円40銭から130円86銭、ユーロ・ドルは1.1451ドルから1.1482ドル。