20日午後の東京市場でドル・円は114円40銭台と、ほぼ変わらずの値動き。アジア株高を背景とする円売りは継続し、ドルをはじめ主要通貨は対円で下げづらい。一方、米10年債利回りは前日海外市場で低下したが、足元は底堅くドル売りを抑制している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円03銭から114円48銭、ユーロ・円は129円53銭から129円93銭、ユーロ・ドルは1.1340ドルから1.1365ドル。