欧州市場でドル・円は一時114円台に戻し、その後は113円90銭台で推移。米10年債利回りは下げ渋り、ドルは対ユーロ以外で底堅く推移する。一方、ウクライナ情勢の不透明感で欧州株は全面安となり、株安を嫌気した円買いが主要通貨を下押し。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円83銭から114円03銭、ユーロ・円は128円97銭から130円27銭、ユーロ・ドルは1.1330ドルから1.1340ドル。