24日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



■株式見通し:指数連動性の低い銘柄などでの短期的な売買が中心に

■三井E&S、22/3経常損失▲170億円←▲50億円

■前場の注目材料:日産自、メキシコ減産、1ライン休止、集約で収益改善





■指数連動性の低い銘柄などでの短期的な売買が中心に



24日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開が見込まれる。21日の米国市場はNYダウが450ドル安だった。ロシアによるウクライナ侵攻が警戒されるなか、政府がウクライナ駐留外交官の家族に対し国外退避を検討していると報じられ、地政学リスクが高まった。ネットフリックスが前日引け後に発表した決算で第1四半期契約者数の予想を下回る見通しを示したことを受けて20%を超える下落となった流れを受けて、主要なハイテク株が売られた。また、金融引き締めへの根強い警戒感から景気敏感も冴えない展開に。シカゴ日経225先物清算値は大阪比295円安の27225円。円相場は1ドル113円70銭台で推移している。



シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、売り優勢の展開から始まろう。節目の27000円が意識されるなか、同水準での底堅さを見極める展開になりそうだ。ネットフリックスの下落については織り込まれているため、売り一巡後は下げ渋りを見せてくる可能性もあるだろう。寄り付き後早い段階で底堅い値動きを見せてくるようであれば、短期的にはリバウンド狙いの動きを見せてくる可能性はありそうだ。



もっとも、米国では1月のFOMC待ちの流れとなるため、3月以降の利上げ姿勢を改めて確認する流れのなか、積極的にはポジションを傾けづらい需給状況である。日経平均はチャート上では切り下がる5日線に上値を抑えられるトレンドを形成している。下値の堅さが意識されたとしても、戻りの鈍さが見られる局面においては、戻り待ちの売り圧力が警戒されてくる。ポジションを傾けづらいなか、短期的な売買に振らされやすい需給状況は続きそうだ。



また、ネットフリックスの決算を受けて、今週決算発表が予定されているアップルやテスラなど主力企業の決算への警戒なども高まりやすい。そのほか、ロシアの地政学リスクもリスクオフに向かわせそうだ。VIX指数は直近戻り高値を突破し、30に近づいていることも手掛けづらくさせるだろう。そのため、個別に材料のある銘柄のほか、指数連動性の低い銘柄などでの短期的な売買が中心になりそうだ。低位材料株などではより短期資金が向かいやすいと見られる。





■三井E&S、22/3経常損失▲170億円←▲50億円



三井E&S<7003>は2022年3月期業績予想の修正を発表。経常損失は50億円から170億円に赤字幅が拡大した。持分法適用関連会社である三井海洋開発<6269>が2021年12月期通期業績予想を修正した。同社業績予想の修正を受け、2022年3月期決算において持分法投資損失を計上する見込みとなったため。





■前場の注目材料



・日経平均は上昇(27772.93、+305.70)

・米長期金利は低下

・米国景気の拡大

・日銀は金融緩和を長期化

・株価急落時の日銀ETF買い





・日産自<7201>メキシコ減産、1ライン休止、集約で収益改善

・ミネベアミツミ<6479>滋賀でパワー半導体、車載用など

・日本製鉄<5401>タイ電炉2社買収、経済成長で需要増

・トヨタ<7203>きょうまで11工場20ライン停止、コロナ・半導体不足

・愛知製鋼<5482>30年に脱炭素、刈谷工場、水素関連など新技術開発加速

・ヤマハ発<7272>水素エンジン開発積極化、2輪車用も検討

・ホンダ<7267>9月にスイスでV2G実証、EVを蓄電池に使用

・ホシザキ<6465>伊製氷機メーカー買収、南・東欧で拡販

・SBテク<4726>米アイボスから認定、機密性監視サービス、中小に提供

・三菱電機<6503>衛星測位端末用小型アンテナ開発、4周波数帯に対応

・旭化成<3407>キュプラ繊維染色時の水使用量3割減、環境負荷低減へ技術開発

・共英製鋼<5440>海外増産、カナダ・ベトナムの圧延ライン拡充、200億円投資





☆前場のイベントスケジュール



<国内>

・特になし



<海外>

・特になし