NY外為市場でドルは堅調に推移した。今週米連邦準備制度理事会(FRB)が予定している連邦公開市場委員会(FOMC)を控えタカ派姿勢を織り込むドル買いが優勢となった。ドル指数は96.01まで上昇。ユーロ・ドルは1.1296ドルまで下落し1月10日来の安値を更新した。ポンド・ドルは1.3473ドルまで下落し、4日来の安値を更新。ドル・円はリスク回避の動きにドルの売り買いが交錯し113円83銭から113円80銭へじり安推移した。