28日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移し、115円半ばまで値を上げた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、ドルは売りづらい。また、日経平均株価は前日比500円超高と反発し、日本株高を好感した円売りが主要通貨を押し上げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円27銭から115円48銭、ユーロ・円は128円46銭から128円72銭、ユーロ・ドルは1.1138ドルから1.1155ドル。



【経済指標】

・日・1月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.3%(予想:+0.3%、12月:+0.5%)