20日午後の東京市場でドル・円はもみ合い、128円60銭付近で推移する。米10年債利回りは失速し、ややドル売りに振れている。クロス円はドル・円に連れ安のもよう。一方、原油相場の強含みを受け、豪ドルなどオセアニア通貨はドルや円に対して上昇。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円06銭から129円40銭、ユーロ・円は138円55銭から139円69銭、ユーロ・ドルは、1.0782ドルから1.0822ドル。