ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後137円50銭(2018/2/2)まで買われたあと、長く伸び悩んだが、日欧金利差の拡大観測が広がり、一時140円00銭(2022/04/21)まで買われている。ただし、ウクライナとロシアの戦争状態は長く続く可能性があること、欧州中央銀行による早期利上げの可能性については見方は分かれており、ユーロ買い・円売りがさらに広がる可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・米長期金利の上昇

・ロシア産天然ガスなどエネルギー資源の供給停止懸念

・ウクライナ情勢のすみやかな改善は期待薄



【ユーロ買い要因】

・高インフレを受けた欧州中央銀行による金融正常化の思惑

・日欧金利差拡大の思惑

・ロシアとウクライナの停戦合意の可能性