22日午後の東京市場でドル・円はやや値を下げ、一時128円付近に失速した。上海総合指数などアジアの主要指数や米株式先物の軟調地合いで、リスクオフのムードが広がる。また、豪ドルなど資源国通貨を中心にクロス円が弱含み、ドル・円を下押しする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円06銭から128円66銭、ユーロ・円は138円93銭から139円47銭、ユーロ・ドルは1.0832ドルから1.0849ドル。