25日の東京外為市場でドル・円は軟調。早朝の取引でドル買いが先行し、128円85銭まで値を切り上げた。その後は下落基調となったが、下げ渋る場面も目立った。ただ、夕方にかけて株安を受けた円買いと欧州通貨売りが強まり、127円98銭まで値を下げた。



・ユーロ・円は139円19銭から137円17銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.0816ドルから1.0707ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円128円20-30銭、ユーロ・円137円80-90銭

・日経平均株価:始値26,692.48円、高値26,764.48円、安値26,487.84円、終値26,590.78円(前日比514.48円安)



【要人発言】

・財務省幹部

「日米財務相による協調介入の報道、事実ではない」



【経済指標】

・日・2月景気動向指数・先行改定値:100.0(速報値:100.9)

・独・4月IFO企業景況感指数:91.8(予想:88.1、3月:90.8)