■NY株式:NYダウ238ドル高、金利の低下を好感



米国株式市場は反発。ダウ平均は238.06ドル高の34049.46ドル、ナスダックは165.56ポイント高の13004.85で取引を終了した。中国の都市封鎖が世界経済の減速に繋がるとの懸念や中国株式市場の下落を警戒した売りに、寄り付き後、下落。その後、JDドットコムなど中国株が下げ止まると、国内のハイテク株も買い戻され上昇に転じた。さらに、金利の低下を好感した買いや電気自動車メーカー、テスラ(TSLA)のマスク最高経営責任者(CEO)による短文投稿サイト、ツィッター(TWTR)買収が正式発表されると、ハイテクがさらに持ち直し相場を押し上げ引けにかけて主要株式指数は上げ幅を拡大した。セクター別では、メディア・娯楽やソフトウェア・サービスが上昇した一方で、エネルギーが下落。



短文投稿サイトのツィッター(TWTR)は、電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)のマスク氏が提示した1株54.20ドルの現金買収案で合意し、上昇。テスラ(TSLA)は売られた。飲料メーカーのコカ・コーラ(KO)は、決算で予想を上回る収益を発表し、上昇。百貨店のコールズ(KSS)は小売りJCペニーを運営するサイモンプロパティ(SPG)などが同社に買収案を提示したとの報道で、買われた。衣料小売りのギャップ(GPS)、クラウドデータウェアハウスのスノーフレーク(SNOW)はアナリストの投資判断引き上げでそれぞれ上昇。一方、農機具メーカーのディア(DE)はアナリストの投資判断引き下げで下落した。



家庭用電気製品販売のワールプール(WHR)は取引終了後に1−3月期決算を発表。収益が予想を下回ったほか、インフレや需要鈍化を理由に通年の見通しを引き下げたが、自社株買い拡大計画を発表し、時間外取引で小幅上昇している。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:世界経済の減速懸念でリスクオフの円買い



25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、128円28銭から127円52銭まで下落して、128円09銭で引けた。米3月シカゴ連銀全米活動指数や4月ダラス連銀製造業活動指数は前回から低下したほか、中国の新型コロナウイルス感染拡大による都市封鎖拡大が世界経済の減速につながるとの懸念が高まり、米国債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。さらに、リスク回避の円買いも強まった。



ユーロ・ドルは1.0758ドルから1.0697ドルまで下落し、1.0711ドルで引けた。ユーロ・円は137円88銭から136円49銭まで下落。ポンド・ドルは1.2755ドルから1.2698ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9547フランまで下落後、0.9596フランまで上昇した。





■NY原油:株安を警戒して98.54ドル、一時95.28ドルまで下落



NY原油先物6月限は続落(NYMEX原油6月限終値:98.54 ↓3.53)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は、前営業日比-3.53ドルの98.54ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは95.28ドル-101.55ドル。アジア市場の序盤に101.55ドルまで買われたが、世界的な株安を警戒して伸び悩み、ニューヨーク市場の中盤にかけて95.28ドルまで下げ幅は拡大した。しかしながら、米国株式が反発したことから、通常取引終了後の時間外取引で99ドル台半ば近辺まで戻している。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  37.29ドル   -0.27ドル(-0.72%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.05ドル   +0.31ドル(+0.37%)

ゴールドマン・サックス(GS)321.42ドル  +1.65ドル(+0.52%)

インテル(INTC)        47.06ドル   +0.52ドル(+1.12%)

アップル(AAPL)        162.88ドル  +1.09ドル(+0.67%)

アルファベット(GOOG)    2465.00ドル +72.72ドル(+3.04%)

フェイスブック(FB)     186.99ドル  +2.88ドル(+1.56%)

キャタピラー(CAT)      216.70ドル  +0.40ドル(+0.18%)

アルコア(AA)         67.37ドル   0.00ドル(0.00%)

ウォルマート(WMT)      156.94ドル  +0.08ドル(+0.05%)