米財務省は480億ドル規模の2年債入札を実施した。

結果で最高落札利回りは2.585%と2019年1月入札以降で最高となった。

、テイルはマイナス1.1ベーシスポイント。応札倍率は2.74倍で、前回6回入札平均の2.59倍を上回った。外国中銀を含む間接入札者の落札比率は66%で、過去6回入札平均の58.5%を上回った。



良好な入札結果を受けて米国債相場は引き続き堅調。米10年債利回りは2.75%で推移した。



ドル円は127円45-50銭で戻りが鈍い展開となった。ユーロ・ドルも1.0650-55ドルで下げ止まった。