27日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、一時127円80銭台に浮上。仲値にかけての国内勢のドル買いは一巡したものの、米10年債利回りの下げ渋りでドル買いは継続する。また、日経平均株価は軟調ながら下げ幅を縮小し、円買いを弱めている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は126円95銭から127円82銭、ユーロ・円は135円11銭から136円01銭、ユーロ・ドルは1.0635ドルから1.0653ドル。