28日午前の東京市場でドル・円は128円60銭台で推移。欧州諸国におけるエネルギー供給不安が高まっており、ユーロ安・米ドル高が進行中。この影響でドル・円の取引でもドル買い・円売りが優勢となっている。日経平均がさえない動きとなってもドル・円は128円台を維持するとの見方が多い。ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円34銭から128円63銭、ユーロ・ドルは、1.0545ドルから1.0563ドル、ユーロ・円は135円44銭から135円75銭。