28日午後の東京市場でドル・円は129円80銭台と、高値圏で変わらず。心理的節目の130円が意識され、売り買いが交錯しているもよう。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め加速が期待されるが、米10年債利回りは伸び悩みドル買いは限定的。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円34銭から129円90銭、ユーロ・円は135円44銭から136円68銭、ユーロ・ドルは1.0501ドルから1.0563ドル。