NY外為市場で円は安値を探る展開となった。



日本銀行は金融政策決定会合で、市場の予想通り金融政策を据え置き、毎営業日指値オペを決定。長期金利の上限を抑え2%の物価目標達成のため粘り強く緩和を続けていく方針を表明した。米国を始め他の先進国中銀が緩和解除を進める方針とは、乖離している。



ドル円は131円25銭まで上昇し2002年3月以降20年ぶり高値を更新した。ユーロ・円は137円00銭から137円88銭まで上昇。ポンド円は162円50銭から162円99銭まで上昇した。